逆流性食道炎の原因と治療法

逆流性食道炎になる原因には精神的なものから生活習慣までさまざまです。
下部食道括約筋は食道と胃の境目にある筋肉で普段は閉じて胃酸の逆流を防いでいますが、その働きが適切でないときに緩くなりしっかりと閉じられないため食道を荒らしてしまう症状が現れます。

精神的なものとしては過度のストレスです。
ストレスは消化器の感覚を過敏にすることがあります。食道も同じようにストレスにさらされることで食道知覚過敏になります。
本来は飲み込んだものが食道を通過したときに胃に送り込むために括約筋を開きます。
ところが過敏になっていると何も飲み込むものがないのに知覚が誤って括約筋を開いてしまいます。

加齢によって筋力自体が低下することでも逆流性食道炎になります。
しっかりと閉めることができない括約筋から胃酸が出てしまい食道を傷つけてしまうと言う状態です。
LES圧低下と呼ばれ高齢者になると見られる疾患の一つです。
高齢者でなくても食品の種類によって括約筋が一時的に緩んでしまい、胃酸の分泌が増加することがあります。
アルコールや高たんぱく質、高脂肪の食品、コーヒーや緑茶などが原因となります。
また、喫煙や過食などによっても同じような作用があります。

服装や姿勢によっても同じように逆流性食道炎の症状が現れます。
ベルトや体型を維持するために締め付ける下着などによって消化器が押されて腹圧が上がり胃の圧力も上昇します。
そのため食道の括約筋が開いたときに胃酸が逆流してしまいます。肥満の人は服装に関わらず腹圧が高いため注意が必要です。
また、前かがみになることや重いものを持ち上げることでお腹に力がかかり腹圧が上がることもあります。
消化器に過度に圧力がかからないように注意する必要があります。

逆流性食道炎はちょっとした原因でなりやすいため多くの人が悩んでいます。
常に胸焼けがしたり違和感を感じるため不快感が続きます。
病院を受診するなど、しっかりと治療することで時間はかかりますが確実に改善することができます。

逆流性食道炎の治療方法

逆流性食道炎の治療は、まず原因となるものを除去することから始まります。
生活習慣を改善することでストレスを減らす努力が必要です。
特に高たんぱく質、高脂肪の食品をなるべく取らないようにすることや過食をやめて適量に抑えることが重要です。
アルコールやコーヒーなどの嗜好品も摂り過ぎないように注意します。
また、質の良い睡眠はストレスを減らすことができるので、効果が高いと言えます。

服装を緩めのものに変えたり、姿勢に注意することも改善に繋がります。肥満の人はダイエットすることも大切です。
お腹を締め付けないためにもベルトではなくサスペンダーなどを利用すると安心です。
デスクワークなどで前かがみになってしまう場合には椅子の高さや座る位置を調整してみましょう。
車の運転もお腹を圧迫することが多いので座り方に注意します。

加齢による括約筋の筋力の低下は、積極的に鍛えることができない部分なため治すのは難しいでしょう。
そのため、病院を受診してネキシウムなどの薬品を処方してもらいます。
ネキシウムは胃酸の分泌を抑える効果がある薬です。
胃酸が必要以上に出なければ逆流することもなくなります。そうすることで食道の炎症が治まるのを待ちます。

ネキシウムは、通販で購入することもできます。基本的には処方薬なため病院で処方してもらうことで入手します。
通販で購入する場合は個人輸入となります。
ネキシウムは海外で同じものが流通しているため、それを入手することができます。
1日1回20mgを症状が治まるまで飲み続けます。最長で8週間までは飲み続けることができます。
副作用は少ないですが人によっては肝機能に異常が現れることがあります。
異常を感じたら直ちに医療機関を受診するようにしましょう。